チョークアートを教育へ、
そして憧れる職業へ、
さらには日本の文化へ

チョーク&サインアートプロジェクト
(Chalk and Sign Art Project)とは、
オーストラリア発祥のチョークアートを基軸とし
手書きの楽しさを伝え、笑顔と夢に繋がるアカデミープロジェクトです。

最短最速でホビーティーチャー資格取得者「日高 裕子さん」のご紹介

こんにちは!チョーク&サインアートプロジェクト運営事務局の堀内です。 本日は、先月ホビーティーチャー...

続きを読む

新たなホビーティーチャーが誕生しました!

こんにちは! チョーク&サインアートプロジェクト運営事務局の堀内です。 今日は、今月にホビーティーチ...

続きを読む

ルララこうほくワークショップ、ご来場ありがとうございました!

12月14日~15日の2日間、横浜市のルララこうほくにて開催された チョークアートのクリスマスオーナ...

続きを読む
モニークアカデミープロジェクトのインタビュー一覧へ

Chalk and Sign Art
Projectとは?

チョーク&サインアートプロジェクト(Chalk and Sign Art Project)とは、
チョークアートの普及に貢献するプロジェクトです。
「チョークアートをもっと多くの人に広めたい」そんな想いのもと、
チョークアートの知名度、認知度を広めていき、価値を高めること」を目的とし、
「チョーク&サインアートプロジェクト」が誕生しました。

チョークアートとは?

イギリスのパブ看板が発祥とされているチョークアート。
イギリスからの移民とともにオーストラリアに渡ると、
現地の看板職人の手によって、よりカラフルでアーティスティックな
現在の形をとるようになりました。
もとはチョークを使用して描かれていたチョークアートですが、
耐久性の向上のためや、色のニーズが増加するにつれて、
オイルパステルを使用する描き方が主流となっていきました。
現在では、使用する画材の種類を問わず、
黒板に描かれているアート作品は
総じて『チョークアート』と呼称されています。

「カフェで見たことある!」

飲食店などで目にしたことのある、
黒板に描かれたフードやドリンクを表現しているアートは、
元来、オーストラリア発祥の「チョークアート」です。
チョークアートで表現するメニューボードは、
「デジタルでは伝わりにくい美味しさ」が表現され、
手描き特有の温もりを感じられるアート手法です。
何色ものオイルパステルを重ね合わせ、
とても繊細かつ立体的に描かれてるのが特徴です。

黒板アート カフェ
  • バーの黒板アート
  • カフェの黒板アート
  • 黒板アート

About us

組織概要

「チョーク&サインアートプロジェクト」

チョークアートの魅力を日本に広げるべく、本プロジェクトを推進しています。
チョークアート認定資格のテキスト・修了証の発行をはじめ、
チョークアーティスト活動支援(イベント企画・製作企画のプロデュース等)を中心に、
チョークアーティストとして知識や技術を高めるための
サインアートに関連する講座などの企画・運営も行っています。

チョーク&サインアート
プロジェクト
運営メンバー

  • 山田 浩

    プロデューサー /
    プロジェクト総合顧問

    山田 浩

  • 堀内 哲

    事業本部長

    堀内 哲

  • 尾崎 有花

    マネージャー

    尾崎 有花

Hobby Teacher

ホビーティーチャー

チョークアートが描けるようになったら、
みんなにもその楽しさを伝えたい。

そんな想いを実現し、チョークアートをより多くの人に知るきっかけを作るため、
チョークアート第一人者のモニーク・キャノン氏の協力のもと、ホビーティーチャーコースを新設しました。
第一人者のノウハウを学びつつ、ワークショップのモチーフはモニークデザインの活用を可能とし、
また、本プロジェクトではより多くの実践を積めるよう、インストラクターの活動サポートに至るまで注力しています。
プロフェッショナルコースから次への一歩を踏み出し、インストラクターとして活躍していきたい、
そんなチョークアーティストをサポートできるカリキュラムです。

手作り看板 チョークアート

チョークアート
第一人者認定資格保持者として、
ワークショップや子供たちへの
講座が可能に。

チョークアートのプロアーティストとして一定の基準を満たす方(例として、他団体のプロコースを卒業した方など)が、
このホビーティーチャーを取得することによって、チョークアート第一人者モニーク認定のインストラクターとして、
ワークショップや施設などを利用し体験講座を行うことが可能となります。(単発・継続レッスン問わず)
プロアーティストの養成までは考えていないけれど周りに教えてあげたい、
そんな方々のために用意されたのが、このホビーティーチャーコースとなります。

ホビーティーチャー
資格取得コース

ホビーティーチャーとしてインストラクター活動を
行えるようになるためのコースとなります。
(ワークショップ、課外授業、チョークアート体験イベントなど)

対象者 チョークアートのプロアーティストとして一定基準を満たす方
(例:団体問わずプロコースを卒業した方・独学で学び、
既にアーティスト活動をしている方)
※上記に限らず、柔軟に審査しておりますので、
まずはお気軽にお問い合わせください。

ホビーティーチャー
養成コース

ホビーティーチャーコースの先生として
ホビーティーチャーの育成する権利を取得するための
1日講習となります。

対象者 チョークアーティストの講師として一定基準を満たす方
(例:団体問わずインストラクターコースを卒業した方)
※上記に限らず、柔軟に審査しておりますので、
まずはお気軽にお問い合わせください。

Instagram

インスタグラム